日常生活に欠かせないWi-Fiのメリットとデメリット

インターネットの普及により、どこでも使えるようになってきました。同じようにWi-Fiも珍しいものではなくなってきています。何気なく使っていますが、生活を支えるものとして、必要不可欠になってきました。あまりに浸透が早いこともありますが、Wi-Fiがもたらすメリットとデメリットもあやふやになってきています。あって当たり前ではなく、便利だからこそ、今でも使われているからです。

無線LANとWi-Fiの違いというところからも見ていかなければいけません。同じものと考えている人も多くみられますが、Wi-Fiは無線LANのひとつであり、相互接続ができる技術になってくるからです。ブランド名なのであり、無線LANのようにシステムのことを指しているわけではありません。どこでも手軽に利用ができるようになってきたのだからこそ、メリットとデメリットを知っておかなければいけないでしょう。

便利で欠かせなくなったWi-Fi

wifiWi-Fiはとても便利です。インターネット社会となり、手軽に利用ができるようになってきたのも、Wi-Fiの普及があったからといっていいでしょう。ここにメリットがあるといっていいでしょう。Wi-Fiは相互接続ができる技術を指示しています。つまり、同じWi-Fiの規格を持った機器同士であれば、接続することができるといえるでしょう。無線LANの技術のひとつとして、統一された規格になってくるからです。

家庭内にWi-Fiが開通していれば、家族全体でスマートフォンやパソコンを同時に利用していくことができます。データの共有もできるようになるため、もっと機能的な使い方もできるようになるでしょう。動画や音楽、画像といった部分での共有ですが、Wi-Fiでつなげられるところであれば、別の部屋にいても何も問題はありません。ひとつのもののように使うことができるのですから、大きなメリットになってきます。これはパソコンやスマートフォンだけではなく、録画機器などでも同様で、1台機器があれば、同時に複数の人ができたりするのです。

便利というところでは、携帯ゲーム機なども簡単に接続することが可能となります。簡単な設定で接続できるようになっていきますが、これによってまるで目の前に相手がいるような状態で楽しむことができるでしょう。ひとつのゲームが世界中の対戦相手とともに楽しめるようになるのですから、これまでとは全く異なる世界を作り出せるようになります。

有線LANとの比較

メリットを考えるうえでは、スマートフォン回線との違いも考えていく必要があるでしょう。目に見えない無線でつながっているというところでは、大変近いものがあります。スマートフォンの回線は、無線通信システムと呼ばれるもので、非常に広いエリアに対して使える代わりに、速度は決して速くありません。通信料を限定しているのも、回線自体が早くないため、多くの人が長時間使うとパンクしてしまうからなのです。

有線LANと比較した場合、Wi-Fiには線がありません。無線LANのひとつにあげられるからですが、電波が届けばどこでも使うことが可能です。有線のように取り回しに制限がかかることもありません。LANポートを持っていなければ接続できない有線とは異なり、使い勝手の良さはWi-Fiが大きくリードするようになりました。それだけ普及したということも、メリットを大きくしている部分です。

有線と比較すると、回線の安定というところに大きな違いが出てきます。Wi-Fiは使っている人が多くなると混戦しやすくなりますし、2.4GHzのように電子レンジなどの家電なども使っている周波数帯の問題もあるでしょう。有線にはこうした混戦がほとんどなく、速度が安定し、転送容量も大きくすることが可能です。ルーターからの距離という点でもWi-Fiは電波が弱くなっていくことから、中継器を設置するといったこともデメリットをカバーするために必要になります。

実は大きなデメリット

Wi-Fiのメリットは非常に多く、普及が加速してきたこともわかります。電波があればどこでも利用できるというメリットはとても大きなことです。通信速度ということでは、スマートフォンなどは、Wi-Fiにする方が速度がアップするのも重要でしょう。通信速度に関して圧倒的な差があり、ストレスもありませんし、通信上限で困ることもないでしょう。複数台つなぐことも簡単にできることは、メリットになるのは確かです。

デメリットとして、つないだり、利用したりする機器が増えれば、それだけ不安定になる可能性が出てきます。有線との違いでもありますが、目に見えていないため、不安手になっていることに気が付きにくいこともあるでしょう。さまざまな機器を接続できることが、あとから大きなデメリットになってしまうことも出てくるのです。

一定のセキュリティは掛けられますが、電波である以上だれでも利用できる可能性も否定はできません。有線のように物理的につなげるわけではないため、つないでいる人が誰なのか、目で見て判断もできないでしょう。ただ乗りなどといわれますが、知らない人に使われている可能性も出てきます。ここから個人情報を盗み見るといった悪用の懸念もしておかなければいけません。これが通信速度の低下を招くといったことも出てきます。便利なメリットがデメリットになってしまうというところになるでしょう。

まとめ

Wi-Fiはあって当たり前になってきました。大変便利なもので、簡単に接続もできるようになり、さまざまな場所で使われています。メリットが大きいからですが、目に見えていないということは忘れてはいけません。Wi-Fiの特徴として、機器の相互接続があるからです。メリットでもありますが、だれでも相互に接続できる可能性があるということを認識しなければいけないでしょう。

だれでも相互に接続してしまうことを考えると、公共の場所でのWi-Fiの仕様には、機器側で気をつけておかなければいけないことがたくさん出てきます。特に大事な情報の入っている機器をつなぐ場合には、かなりの注意が必要です。メリットがたくさんあるからこそ、こうしたデメリットはしっかりと意識して利用していくことが大切でしょう。

*関連HP*モバイルWi-Fi最安リサーチ!